本堂リノベーションと宿泊棟の新築を随時レポート
慈しみの心を育てる
争いの世界で、争わずに生きる
怒り憎しみの世界で、怒り憎しみ無しに生きる
心を育てることを楽しむ
心がどう動いているか観察する
「今の自分」に気づく
依存しない生き方こそ
安らぎに至る道
得る道ではなく、捨てる道
一切の現象は消えていく
同じように私も消えていく
不放逸であれ
いま何をすべきか
理解して実行する

Nibbānaṃ paramaṃ sukhaṃ
涅槃は究極の幸せ

私たちが悟りを確実に体験できるようにと、ブッダが教えられた実践方法。それがヴィパッサナー冥想です。こころを清らかにして、一切の現象は無常であること、稲妻のように瞬間のものであることを学びます。熱海仏法学舎は、ブッダが説かれたヴィパッサナーを実践するための道場です。豊かな自然に囲まれた環境で、雑事を離れ、一人静かに集中して取り組むことができます。こころが成長していく過程を、どうぞご自身で体感してください。

The practice Lord Buddha taught to ensure our experience of enlightenment. This is Vipassanā. We purify our minds and learn that all phenomena are impermanent, and that they are as fleeting as a bolt of lightning. Atami BuppoGakusha is a place for practicing Vipassanā as preached by the Buddha. Surrounded by rich nature, you can get away from the hustle and bustle and focus on your work alone, quietly, and intensely. We hope you will be able to experience the process of mental growth. Try it for yourself.

仏道が目指すのは、智慧によって得られる最終的な心の平安。しかし、悟りに達するまでにも、人は生きていかなければなりません。実際の生活の中で、どのような生き方をするべきか。そこで仏教は、慈悲の生き方を説きます。この世界の生命の法則は、「自と他は同じもの」です。自と他を区別するのではなく、動物も植物も私も、すべては一つになって生きていると感じるこころ。「自分だけは特別」と思っている間違ったこころを、慈悲の実践によって治していきます。こころを治せば、人生は奇跡的に変わります。仏道において、慈悲と智慧の二つは、どちらも欠かせません。この二つこそ幸福の道です。

The goal of Buddhism is the final peace of mind attained through wisdom. However, one must also live during the time it takes to reach enlightenment. What kind of life should one lead in actual life? Therefore, Buddhism teaches a life of compassion. The law of life in this world is that self and others are the same. It is not a mind that distinguishes between self and others, but a mind that feels that animals, plants and I are all living as one. The wrong mind that thinks “I am the only one who is special” will be cured through Mettā Bhāvanā. Once you heal your mind, your life will change miraculously. Compassion and wisdom are both essential in the Buddhist path. These two are the true path of happiness.

Renovation and New construction
‐改修・新築の経緯‐

スマナサーラ長老が熱海でヴィパッサナーの指導を始められてから約30年が経ちました。悟りを目指す多くの善男善女が修行に励んできた地です。歳月を経て建物も設備も老朽化してきたため、このたび本堂を大規模にリノベーションして、より冥想に適した修行道場に生まれ変わらせることにしました。また本堂の隣地に、僧坊と宿泊施設を新たに建設します。長年活用されていなかった敷地の草を刈り、自然の中で心静かに冥想できる環境も整備中です。工期は、2022年12月〜2023年6月(予定)。途中経過は「改修日記」で随時ご報告しますので、ぜひご覧ください。皆様のご厚志は、仏道発展のため有効に活用させていただきます。

About 30 years have passed since Sumanasara Nayaka Thero began teaching Vipassanā at Atami, where good men and women have been practicing to attain enlightenment. The building and facilities have deteriorated over the years, so we have decided to renovate the main hall to make it more suitable for Vipassanā, and to build a new monastery and accommodations on the adjacent land. Work is also underway by volunteers to cut weeds on the site that has not been utilized for many years, to create a space for practicing Vipassanā quietly in nature. The construction period is scheduled for December 2022 to June 2023. The progress will be reported in the "Reno Diary" from time to time, so please take a look. We will make effective use of your donations for the development of Buddhism. Sādhu! Sādhu! Sādhu!