生きとし生けるものが幸せでありますようにDāna

Breaking Avijjā with Paññā 智慧の太陽で無明の暗黒を破る

Yadā have pātubhavanti dhammā,
Ātāpino jhāyato brāhmaṇassa;
Athassa kankhā vapayanti sabbā,
Yato pajānāti sahetudhammaṃ.

熱心に修行する者に、
ダンマ(全ての現象)が顕わになってくる。
因縁法則を発見する者に、

一切の疑が消え去る。

Yadā have pātubhavanti dhammā,
Ātāpino jhāyato brāhmaṇassa;
Athassa kankhā vapayanti sabbā,
Yato khayaṃ paccayānaṃ avedī.

熱心に修行する者に、
ダンマ(全ての現象)が顕わになってくる。
因縁が滅する過程を見た者に、

一切の疑が消え去る。

Yadā have pātubhavanti dhammā,
Ātāpino jhāyato brāhmaṇassa;
Vidhūpayaṃ titthati mārasenaṃ,
Sūriyova obhāsayamantalikkhaṃ.

熱心に修行する者に、
ダンマ(全ての現象)が顕わになってくる。
死の軍勢を打ち破る、

暗黒を破り輝く太陽の如く。

感興のことば
Khuddaka 3Udāna 1Bodhivagga 1-3

人は誰でも、苦しみから抜けようとするだけで、「生きることは苦である」と気づく余裕がありません。生きるとはどういうことかと観察しません。その余裕がありません。逃げることで忙しくて精一杯です。

ありのままに観察しないので、ブッダはその状況を「無明」と名付けたのです。無明は、因果法則を発見することで破られます。生きるとは何かと観察して因果法則を発見し、無明をなくせば、命のすべてのカラクリは跡形もなく壊れていきます。それによって、すべての苦しみが終息します。

We all only try to get out of suffering and don’t have the room to realize that life is suffering. We don’t observe what it means to live. No room for it. We are too busy running away.

Because We don’t observe things as they are, Buddha named this situation as Avijjā(a-prefix and vijjā, means “not vijjā”). Avijjā is broken by the discovery of the law of cause and effect. If we observe what it is to live and discover the law of cause and effect, and eliminate Avijjā, all the karma of life will be broken without a trace. Thereby, all suffering will end.

Yadā have pātubhavanti dhammā,
Ātāpino jhāyato brāhmaṇassa;
Athassa kankhā vapayanti sabbā,
Yato pajānāti sahetudhammaṃ.

熱心に修行する者に、
ダンマ(全ての現象)が顕わになってくる。
因縁法則を発見する者に、

一切の疑が消え去る。

Yadā have pātubhavanti dhammā,
Ātāpino jhāyato brāhmaṇassa;
Athassa kankhā vapayanti sabbā,
Yato khayaṃ paccayānaṃ avedī.

熱心に修行する者に、
ダンマ(全ての現象)が顕わになってくる。
因縁が滅する過程を見た者に、

一切の疑が消え去る。

Yadā have pātubhavanti dhammā,
Ātāpino jhāyato brāhmaṇassa;
Vidhūpayaṃ titthati mārasenaṃ,
Sūriyova obhāsayamantalikkhaṃ.

熱心に修行する者に、
ダンマ(全ての現象)が顕わになってくる。
死の軍勢を打ち破る、

暗黒を破り輝く太陽の如く。

感興のことば
Khuddaka 3Udāna 1Bodhivagga 1-3

人は誰でも、苦しみから抜けようとするだけで、「生きることは苦である」と気づく余裕がありません。生きるとはどういうことかと観察しません。その余裕がありません。逃げることで忙しくて精一杯です。

ありのままに観察しないので、ブッダはその状況を「無明」と名付けたのです。
無明は、因果法則を発見することで破られます。生きるとは何かと観察して因果法則を発見し、無明をなくせば、命のすべてのカラクリは跡形もなく壊れていきます。それによって、すべての苦しみが終息します。

We all only try to get out of suffering and don’t have the room to realize that life is suffering. We don’t observe what it means to live. No room for it. We are too busy running away.

Because We don’t observe things as they are, Buddha named this situation as Avijjā(a-prefix and vijjā, means “not vijjā”). Avijjā is broken by the discovery of the law of cause and effect. If we observe what it is to live and discover the law of cause and effect, and eliminate Avijjā, all the karma of life will be broken without a trace. Thereby, all suffering will end.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントをどうぞ

コメントする