生きとし生けるものが幸せでありますようにDāna

「熱海と私」インタビュー篇 Part1

熱海仏法学舎にご縁がある方々にインタビューしました。

インタビュー内容は、いつから、熱海仏法学舎で修行していますか?

思い出深いエピソードなどがあったら教えてください等です。

今回はインタビューpart1です。

旧本堂とも11月いっぱいでお別れ

Aさん
初めての熱海仏法学舎訪問は25年程前になります。
当初、合宿でのスマナサーラ長老の個人面談は毘沙門堂で受けていました。順番待ちの際に、相当緊張してドキドキでした。その頃の長老は迫力があって、びびりながら面談を受けていました(;^_^A

みんな
うんうん(共感)

Bさん
私も初めての熱海仏法学舎は25年程前です。
その時は初めての合宿が、スマナサーラ長老のお誕生日にあたり、長老がご自分でケーキを買ってこられて、台所でくつろがせていただいていた私と友人は、ご相伴にあずかりました🍰
瞑想指導の際の厳しさとは裏腹にフレンドリーな優しい長老の一面も垣間見させていただいた貴重な体験でした。
また誕生日は祝ってもらうものと思っていた概念を一気に打ち消す経験でもあり、その日から私にとって誕生日は感謝する日に変わりました。「今まで支えてきてくださった両親、家族、友人達のおかげで今があります。ありがとう✨」と…

歩く瞑想に励んだ廊下

Cさん
私は、スマナサーラ長老とウコーサラ長老がバトンタッチされた最初の合宿が熱海での初めての合宿でした。数年後、コロナ禍に入った2020年の頃、世間が一斉にクローズ体制の中、法道さんは快く修行者のために、宿坊を開放してくださり、コロナ禍でも安心して修行を続けさせていただくことが出来ました。修行を続けることが出来て本当にありがたかったです✨

Ⅾさん
コロナ禍でも修行の場として熱海仏法学舎が利用できたことがうれしかったです。
そしてコロナ禍のため、少ない宿泊者だったこともあり、日常的な会話を法道さんとさせていただくことが増えました。結果仏法学舎は、私にとり安らぎのリラックス空間ともなりました。
また、ご近所さんが法道さんのご飯を楽しみに食べに来たり、おしゃべりや相談に来たりと、ご近所さんからも慕われている法道さんのお姿も拝見出来ました✨

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントをどうぞ

コメント一覧 (1件)

  • 25年前の仏法学舎で瞑想修行された先輩方のお話を聞けて大変感慨深いです。
    歩く瞑想に励まれた廊下の絨毯は当時も同じものだったのでしょうか。
    窓から見える海や木々、先輩たちも様々な心模様で眺めていらしたのかな・・。
    先輩方が仏法学舎で同じように修行されてらしたこと、
    そしてその後も今も修行者の皆さまが同じように修行されてること、
    励みになります。心強いです。
    またいろんなお話が聞けることを楽しみにしております。ありがとうございます(^人^)

コメントする